日記

1年の終わりに

2016年12月31日

 今朝は、7時ちょうどに目覚めた。熟睡した満足感の中で、「ああ、ヴァイオリンが弾きたいな」と思った。久しぶりに味わう、新鮮な感覚だった。  バッハのコンサートが終わって、肩の荷を下ろした安堵と、ある種の虚脱感の中で、なか … 続きを読む

後悔は先に立たず

2016年12月25日

 「クリスマス・バッハシリーズ」のコンサートは無事に終わり、多くの方々から嬉しいご乾燥をいただいた。ほとんどのお客様にとって初めてと思われるレーガーの曲も、予想以上に好評だった。アンケートで、一人の方から×をいただいたが … 続きを読む

コンサートの前日に

2016年12月23日

 いよいよ、今年の私の最後のコンサートである「クリスマス・バッハシリーズ」が近づいてきた。本当は、もっと頻繁にブログを更新して、準備のプロセスを記述できると良いのだが、なんだかいつも用事が立て込んでいて、なかなか落ち着い … 続きを読む

リハーサルはお流れ

2016年11月16日

 トリオの演奏会から間もなく1ヶ月、今日からは藝大で「ブランデンブルク協奏曲」のリハーサルが始まる予定だった。私にとって17年ぶりに演奏するこの曲は、同じような音のパターンがいろいろな調で繰り返し出て来るといった、やや暗 … 続きを読む

ドラマチックなシューマン

2016年10月16日

今日は、長野県の小海町へ日帰りの演奏旅行をしてきた。昨日の地元商店街でのミニコンサートに続いて2連戦となったが、不思議に今日の方が疲れ方がずっと軽かった。商店会が主催する地元でのコンサートは、もう30年近く続けているもの … 続きを読む

八ヶ岳の静かな家で

2016年9月26日

   今、私は八ヶ岳南麓の山荘に滞在している。8月に「八ヶ岳サマーコース」を開く、土屋山荘である。今年も、ここには8月1日から6日まで、20人の受講者と聴講者が集い、私は朝から夜までレッスンに励む充実した時間を過ごした。 … 続きを読む

大阪でリフレッシュ

2016年6月27日

 昨日は、大阪での「日本ライトハウス・チャリティコンサート」だった。このところ4月の開催が多かったが、今年はホールの都合などもあってこの時期となった。今回は私の他に川畠成道さんも出演し、最初にバッハの「二つのヴァイオリン … 続きを読む

余裕を持って

2016年6月3日

 長野県の富士見町で、土屋美寧子がプロデュースする年間3回のコンサートがスタートした。まず、4月3日に美寧子自身がソロのリサイタルを行い、私も聴きに行って、心温かな皆さんと交流を深め、親密な雰囲気の中でのコンサートを楽し … 続きを読む

失せ物

2016年5月8日

 美寧子のリサイタルが、多くの方々の温かいサポートをいただいて無事に終了し、ゴールデンウィークも終わってしまった。私は今までのところ、あまり代わり映えのしない生活を送っているが、幸い体調には恵まれ、近づくコンサートに向け … 続きを読む

新たなチャレンジ

2016年4月6日

 4月に入って6日目。また一つ年を重ねて、6日が過ぎたことになる。「70歳記念演奏会」の興奮から、もう1年が過ぎてしまった。この1年で、私はどう変わったのだろうか、と最近よく考える。  ベートーヴェンの協奏曲をライブ録音 … 続きを読む